助成金について

助成金を簡単に言うと、“従業員のためになることをする会社に支給されるお金”のことです。

国や地方自治体など様々な助成金がありますが、“当事務所で扱うのは主に厚生労働省が管轄している助成金”です。

財源には会社が支払う雇用保険料の一部が使われています。

助成金にはメリットが沢山

助成金を上手に活用することによって、様々な労務管理がよりスムーズ・効率的に行うことが可能となります。

受給要件を満たす会社が適正に申請を行えば受給できますので、ぜひ積極的に助成金の活用を考えてみてはいかがでしょうか。

助成金を受給するメリット

申請する助成金の種類により、受給するには様々な要件がありますが、助成金制度は皆さんの会社が支払った雇用保険料が元になっており、有効に活用すれば様々な面でメリットが受けられます。

助成金受給のための注意点

助成金には上記のようなメリットがありますが、申請するにあたっては事前に注意すべきポイントがいくつかあります。

さて、これらの要件をクリアした会社は、ぜひ助成金の申請を考えてみてはいかがでしょうか。

※不正受給について
助成金を不正に受給すると、様々なペナルティが課せられます。このような不正行為は決して行ってはいけません。当事務所では法律に反するような申請依頼は全てお断りさせて頂いております。あらかじめご了承下さい。

目的別の助成金

厚生労働省の助成金の中から、比較的代表的な助成金について掲載しております。
どうぞ、助成金のご活用をお考えの会社様はご参考にしてください。

1.正社員の教育訓練のための助成金

・人材開発支援助成金(訓練関連)

2.非正規社員の教育訓練のための助成金

・キャリアアップ助成金

3.未経験者の教育訓練のための助成金

・特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)

・トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

4.高年齢者のための助成金

・特定求職者雇用開発助成金

・65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進助成金)

5.育児・女性・介護関連の助成金

・両立支援助成金(育児休業等支援コース)

・両立支援等助成金(出生時両立支援コース)

6.雇用環境関連の助成金

・職場意識改善助成金(テレワークコース)

・職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース)

7.障害者のための助成金

・障害者雇用安定助成金(障害者職場定着支援コース)

・トライアル雇用助成金(障害者トライアルコース)

8.人事制度等のための助成金

・職場定着支援助成金

・人事評価改善等助成金

・人材開発支援助成金(制度導入コース)

助成金のサポート料金

中小企業事業主の範囲

生産性要件